解体工事で建物の全てを取り壊す❘業者リサーチが鍵

レディー

依頼の流れ

お知らせ

屋根修理工事は、家屋工事と同様に事前の準備が多くあり、工事着工までには時間がかかるものとなっています。工事着工の流れとしては、①業者へ問い合わせ⇒②現場調査、雨漏り調査⇒③見積もり作成⇒④工事契約⇒⑤近隣の方へのご挨拶⇒⑥工事着工となります。
先ほど、ご紹介した屋根材の老朽化(カビ・コケが生えている、塗装が剥がれている、表面が剥がれ下地が見えている等)の症状が見られたら修理業者へ問い合わせをし、相談していきます。
屋根の老朽化の症状を相談したら、修理業者の方が実際に屋根の状態を見にきます。屋根の傷み具合などを見て現場調査を行っていきます。現場調査を行う際は、雨漏り調査や散水試験なども行っていきます。散水試験とは、屋根に水を散水して、雨漏りの箇所を特定する作業となります。

現場調査が完了したら、修理業者の方から現場調査結果が報告されてきます。これにより、屋根が今どのような状態なのか、どのような工事内容なのかを詳しく説明してもらいます。そして、修理工事に必要な屋根材、工法、予算、工期などの相談を重ねながら見積もりを作成していきます。
見積の内容に問題がなければ、工事契約をしていきます。その際に工事着工時期などの打ち合わせを行っていきます。
屋根修理工事は家屋解体工事と同じく大掛かりな工事となりますので、近隣の方へのご挨拶は必要となります。これらの事前準備が完了したら、屋根修理工事着工となります。